人妻と出会うなら出会い系サイトが一番早い

とにかく今すぐに出会いたい

 

こんにちは。

タカシです。僕は今37歳。会社員です。


先日、どうしても女性とすぐに出会いたいとの思いで、「出会い系サイト」を使って、めちゃくちゃエロい人妻と出会う事に成功しました!出会い系サイトはすぐに出会いを得られる最高のサービスです。

まずは、掲示板に書き込んで待機です。

「〇〇駅付近で会える人いるかな?」

なんて書いたかもしれません。

なかなか相手の女性は来ませんでしたが、待つこと一時間。ようやく掲示板に書き込みが。

「今すぐには会えないけど、とりあえずメールしませんか?」

おお!来た来た!と思った僕はすぐさま返事を、

「じゃあ、このサイトのメールサービスでメールしよ!」

「うんいいですね」

ということでこの女性サチコさんとメールのやりとりを始めました。

メールのやりとりを続けて意気投合

「サチコさんはどこの人?」

「〇〇駅の辺だよ。」

「え?じゃあ、〇〇駅まで2駅くらいだね!」

「そうだね、すぐに行ける距離!私33歳だから歳も近くてなんだかタカシさんって話しやすい!」


という具合に僕達はメールのやりとりを重ねていきました。

 

「サチコさん、ご結婚はされてるの?」

「うん、してるよ!だけど、最近、子供の世話と家事ばっかりで疲れちゃった。だから出会い系サイトつかってるんだ。」

内容を入力してください。


え??疲れた??

いきなりそんな愚痴を僕に言ってくるなんて、これはいけるのかも??

「ええ?疲れたんですか?旦那さんは手伝ってくれないの?」

「旦那は仕事ばっかりで嫌になる。最近、手もつないでくれなくなっちゃった。」

「え?じゃあ、今度一緒に会って食事でも行きませんか?」

「いいね!行こう!」


という流れで僕は出会い系サイトの人妻サチコさんと会う約束を取り付けたのです。


実際に会うことが出来た

「 じゃあ、〇〇日に〇〇駅で待ち合わせだね。」

「私、パープルのバッグ持ってるから声を掛けてね」

そうやって事前にメールをしていました。

当日、は僕も出来る限りのオシャレをして〇〇駅に向かいます。

 

「あ、サチコさん?タカシです!」

「あ、出会い系サイトのタカシさん?」



サチコさんはかなりのグラマラスな体型で顔はちょっと昔のアイドルのような顔でした。こんなきれいな女性が出会い系サイトにいるんだ!











「サチコさん、待った?遅くなってごめんね。」

「ううん。今来たところだから大丈夫。タカシさん、かっこいいね!」


なんてやり取りを「美人素人人妻」と続けながら僕達は近くのレストランで食事をすることになりました。

まずは焦らずに食事からです。

食事を取ってさらに意気投合の僕達

「サチコさん、何か食べようか?何が好き?」

「私は何でもいいよ!タカシさんの好きなところに行こう!」


女性の食事場所のお任せというのは「オシャレなところへ連れて行って」という隠された意味が含まれているので要注意です。

この場合は、

「じゃあ、近くに美味しいイタリアンレストランがあるからそこにいこう」

「うん!いいね、私パスタ食べたかったの!」


こうして僕は出会い系サイトで出会ったサチコさんと食事に行ったのです。

まさか、こんな美人が出会い系サイトにいるなんて思ってもいませんでした。

「サチコさんはどんな趣味があるの?」

「私?うーん。DVDで映画見たり、カラオケ行ったりするかな。あとはお酒も飲むよ。」

「じゃあ、今日もちょっとだけ飲もうか?」

「うん!いいね。」

そんな流れで夜は更けていったのです。


素人人妻はやっぱり最高の夜のパートナー

お酒も軽くいただいて、ほろ酔いになった僕達は

内容を入力してください。

内容を入力してください。


「サチコさん、このあとカラオケに行こうよ」

「カラオケ?いいじゃん!行こう!」

僕はサチコさんのグラマラスな体に触りたいのを我慢して、優しく手をつないで店を後にしたのです。

「このホテルで、カラオケも楽しまない?」

「え?ホテル?えー、どうしよう、」

「せっかく出会い系サイトで出会ったんだからたまにはよくない?」

 

「そうね。私最近してないから、、ちょっとくらいなら、」



そう、カラオケと称して、ホテルの中でカラオケを楽しんだのでした。

出会い系サイトで出会ったサチコさんは「とてつもなくエロい夜の営み」を僕に与えてくれたのです。

素人の人妻の魅力は、「夜になると豹変する」ということですかね。

最高の出会いをしたサチコさんとは今でも夜のパートナー状態なんです。

 



【2019年】男性版_恋愛マーケティング!

タイトルとURLをコピーしました